趣味

【無趣味】を解消。男性女性に関わらず飽き性でも趣味を見つける方法

2020年7月30日

無趣味を解消する方法
ギモン君
・無趣味で休日何をしたらいいのかわからない。
・何か趣味を持ちたいけど、趣味ってどうやってみつけるの?
・飽きっぽくて長続きする趣味が見つからない。

 

こういった悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 無趣味の解決法
  • なぜ無趣味なのか
  • 趣味とは
  • 趣味の見つけ方

 

この記事を読んで、無趣味からうちこめる趣味に出会って、無趣味を卒業してください。

 

 

無趣味を解消する方法

無趣味を解消する方法ですが、

それはズバリ

どんなことでも手当たり次第やってみること

です。

「よし、わかった!なんでもやってみたらいいんだな」
と納得できた方はここで読むのをやめてもらって大丈夫です。
すぐにでも何か始めてみましょう。

 

といっても無趣味の方の場合「どんなことでも手当たり次第やってみて」と言われても、戸惑う方がほとんどかと思います。

 

では順番になぜ「どんなことでも手当たり次第やってみれば良いのか」を解説していきます。

 

なぜ無趣味なのか?

そもそも男性女性に関わらず、『無趣味の方』はなぜ無趣味なのでしょうか?

女性

飽き性で何も長続きしない

男性

趣味と言えるほど熱中できるものがない

女性

どんなことをすればいいかわからない

男性

趣味にかけるお金がない

 

など様々な理由で趣味を持てずにいることかと思います。

 

しかしこれらは
初めから『熱中できる趣味を持とう』と考えている点が問題です。

 

無趣味でいることが嫌で何かしらの趣味を見つけたいと思い、「何か趣味を持とう」と考える訳ですが、趣味とは見つけようと思うほど長続きしません。

 

というのも趣味とは「楽しい」から続くものであって、「趣味を持とう」と思って見つけるものではありません。

 

長年、趣味に打ち込んで熱中している人は、「何か趣味を持とう」と思って行動した人よりも、「それをすることが好きだから趣味になった」といった人の方が断然多いです。

 

また無趣味な人ほど「趣味とは寝食も忘れて熱中するもの」といった打ち込むべきものと考えがちです。
もっと気楽に自分の出来る範囲で楽しめるものを見つけることこそが無趣味解消のポイントです。

 

「趣味にかけるお金がない」といった理由も同じです。
自分の出来る範囲で楽しめることを見つければいいだけの話です。

 

趣味とはどういったことかを見ていきましょう。

 

趣味とは

しゅみ【趣味】
専門としてでなく、楽しみとして愛好する事柄。

 

趣味とは楽しみとして行うものです。
「何か趣味を持とう」と考え探すものではなく、自然と楽しいと思えて、「またしたい」とか「続けたい」と思えるものが自然と趣味になっていくものです。

 

趣味とは探すものではなく、自然と何かしらの行動が趣味になっていくものなのです。

 

趣味 僕の場合

僕の趣味は

けん玉です。

「えっ。けん玉?なんか古臭いイメージ」
と友人達には不評です。

 

だけど、仕方ないんです。
たまたま出会って、それが楽しくずっと続いてるもの、それが僕には「けん玉」だったんです。

 

これは「趣味を見つけよう」と思って見つけたものではなく、たまたまけん玉に出会って楽しかったからいままで続いてるってだけのものです。

 

「趣味は何ですか?」と尋ねられたら「けん玉です」と答えますが、趣味を持とうと思って探したものではないです。
自然とそうなったまでのことです。

 

ちなみにけん玉は友人達には不評でしたが、世界的には人気です。
実はストリート系のカルチャーでめちゃ人気でプロのプレイヤーもいるほどです。

 

ご興味ある方はぜひストリートけん玉はじめ方。「けん玉ってダサい?」のイメージを変える!も合わせて読んでみてください!きっとけん玉のイメージ変わります。
そして「やってみたいかも」と思えるはず。

ストリートけん玉はじめ方
ストリートけん玉はじめ方。「けん玉ってダサい?」のイメージを変える!

続きを見る

 

趣味の見つけ方

趣味の見つけ方ですが、冒頭でもお伝えしましたが

とにかくなんでも手当たり次第やってみることです。

 

その中で「あっ。これ楽しいかも」とか「またやりたいな」「もっと上手くなりたい(もっと知りたい)」なんてものに出会えたらそれが趣味の始まりかもしれません。

 

そして、「数回やってみたけど、なんか違うなぁ」とか飽きても大丈夫。
また違う次のものにチャレンジしてみましょう。

 

何もひとつのことをずっとやり続ける必要なんてないんです。
「楽しむこと」こそが趣味の本質です。

 

続けることが億劫になるようなら、一旦やめてみたらいいんです。
しばらくして「またやりたいな」と思えたら再開したらいいし、そう思えないならまた違うことを始めたらいいんです。

 

そのうち、自分にあったものが少しづつ分かってくるはずです。
「何か趣味持ちたいなぁ」と思う前にまずは楽しいことに出会うことから始めましょう。

 

飽き性でも趣味が見つかる

「飽き性で長続きするがみつからない」って悩みを持った人もいるかもしれません。

 

でもそれも悩まずなんでも手当たり次第やってみましょう。

 

むしろ「飽き性でいろんなことをやっても飽きてしまう」と考えるよりも「好奇心旺盛で何でもやってみたくなる」とポジティブにとらえると飽き性ってのも長所になります。

 

「飽き性だから何かやっても長続きしない」と初めから尻込みしていないで、いろんなことを手当たり次第次々チャレンジしていきましょう。

 

「新しいことに挑戦すること」自体が趣味と言えるぐらい色々やってみましょう。

 

そうして、いろんなことに挑戦していく人の方が断然魅力的です。
飽き性の人こそ、どんどんチャレンジしてほしいです。毎日、いきいき溌溂と過ごせるはずです。

 

まとめ:趣味を見つける一歩はまずはなんでもやってみること

ポイント

  • まずはどんなことでもやってみること
  • 飽きても良いから次から次にチャレンジする
  • そのうち自然と楽しいと思えるものに出会える

「無趣味でやることがない」と嘆いていないで、なんでもやってみることから始めましょう。

 

そのうち、「楽しい」と思えるものに出会えるはずです。
やる前から「自分には向いていない」とか「難しそう」とか「続かなそう」とかマイナス面ばかりに目を向けるのではなく、まずはやってみることです。

 

そして、飽き性の人でも次々新しいことにチャレンジしていきましょう。
飽きっぽくて手当たり次第、なんでもやっているとむしろその挑戦する姿が魅力的に映ります。

 

「飽き性」という性格を利用して無趣味から「なんでもチャレンジすることが趣味」といえるポジティブな人に変身しましょう。

 

あなたの「趣味」が見つかり、楽しく過ごせることを願っています。

スポンサーPR

-趣味

Copyright© ニーニーズブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.