情報

子供向けオンライン英会話で重要だと感じたことリアルな口コミ

2020年2月11日

「いまの時代、英語ぐらい出来ないとダメ」と感じている人は多いかと思います。

またお子さんをお持ちの家庭では「子供のうちから英語教育を受けさせたい」と考えている方も少なくないはず。

そこで私の5歳になる娘がインターネットを使ったオンライン英会話を行なっているので、私なりに子供がオンライン英会話をする上で重要だと感じたことをリアルな口コミとしてまとめてみました。

オンライン英会話とは?

まずオンライン英会話をご存じでない方に軽くご説明。

オンライン英会話とは、音声通話のスカイプなどを通して、英語圏のネイティブと英会話が出来るウェブサービスです。

講師は比較的人件費の安いフィリピンなどのスタッフを現地で採用しているので、日本で行っている通常の対面式の英会話よりも格安でマンツーマンのレッスンを行うことが可能です。

また、家にいながらレッスンを受けることが出来るのでとても便利で気軽におこなうことが出来ます。

各社それぞれの特徴を持ったオンライン英会話スクール

多くのオンライン英会話スクールが存在しますが、各社それぞれにいろいろな特徴を持ったものがあります。

一般的には1レッスン25分で5000円~7000円程度ですが、均一の金額でどれだけでも話せる無制限のものや15分から予約のとれるものなどもあります。

わたしの場合は「5歳の娘」が受講するので第一に「子供向け」であることが大前提でした。

その中で見つけたオンライン英会話スクールが

ハッチリンクジュニア

でした。

ハッチリンクジュニアの売りは

「幼児、小学生、中学生、高校生(3才~18才)の子供に焦点をあてた子供専用のオンライン英会話スクール」

です。カリキュラムやレッスン内容すべて子供のための英会話として運営されています。

講師は主にフィリピン人講師がメインとなります。中には日本人の講師もいますが数は少ないです。また日本語が話せるフィリピン人もいるとのことなのでこちらに決めました。

料金は

  • 4回/月 2,760円
  • 8回/月 3,686円
  • 12回/月 5,370円
  • 16回/月 7,222円
  • 20回/月 8,797円
  • 30回/月 11,111円

子供向けということもあり他のオンライン英会話スクールよりも少し料金は高めです。
(2020年2月時点の料金となります)

実際に利用して重要だと感じたこと

実際にハッチリングジュニアを利用して感じたこと重要だと思ったことです。
受講するお子さんによっても違いはあると思いますので一概には言えませんが参考になれば幸いです。

予約について

ハッチリンクジュニアでは専用ページにログイン後、月のカレンダーより日付を選んでその日に出勤しているスタッフの空き状況を見ながら空いていれば予約を入れてレッスンを受けるといったものでした。しかしながらまず第一に感じたことは「予約のとりにくさ」でした。

直近の日ではほとんどの講師が予約済みとなり、ほぼほぼ開きのない状態。(夜遅くの時間帯などでは空きがあったりしますが)

この点のポイントは

「あらかじめ一か月のスケジュールを組んで前もって予約を入れるということ」

でした。

他のオンライン英会話スクールのような「毎日25分レッスン」などでは時間が出来たら受講しようといった急な予約でも対応可能だと思いますが、ハッチリンクジュニアでは月のレッスン回数に限りがある(レッスンを追加することも可能ではあります) ので 前もって予約することをお勧めします。

私は一般的な習い事と同じ感覚で何曜日の何時はオンライン英会話と決めて予約を取るようにしています。

子供の緊張

受講するのが5歳の子供ですので、はっきり言ってほとんど英語は理解できません。(単語程度のやりとり)

しかしながら講師はガンガン英語で話しかけてきます。もちろん英会話なのでそれが当たり前なのですが、子供によっては緊張のためフリーズしてしまいます。人見知りのする子などはそうかと思います。(私の娘は緊張してガチガチでした)

講師は常に子供を相手にしているフィリピン人なので、興味を引こうとあの手この手でせめてきますが、なにぶん英語で話しかけられても子供は何を言われているのかさっぱりわかりませんのでさらに固まります。

ここで重要だと感じたことは

親のフォロー」

です。そばについてやり、講師が何を言っているのか訳してやることが絶対に必要です。

「日本語OKです」と講師の自己PRに書かれていても単語だけであったりその単語も聞き取りにくかったりします。それを子供が聞き取り何を言いたいのか汲み取るのは難しいかと思います。

ですので、ヒアリングなど親の英語力もある程度鍛えていた方がスムーズです。

親が講師から聞き取り「○○って言っているよ」「○○って言ってみて」と促して子供は理解するかと思います。

予習復習の必要性

レッスンはある程度のテキストに沿った授業内容となります。
「これはなんて言う?」「あなたの好きなのはどれ?」とか英語で話しかけてきますが、はっきり言って初めのうち子供は理解できないことがほとんどだと思います。

幼児のオンライン英会話をする場合、

数字やアルファベット、アルファベットAからZまでの代表的な単語(AならApple、ZならZebra)を覚えておいた方がより理解が深まります。

講師が「これは何?」と聞かれて「日本語で返す」「これはAppleというのよ」といった流れを毎回繰り返しているとレッスンの25分はすぐに終わります。時間を節約するうえでも予習はしていた方がいいです。

また終わってからの復習も必要です。
レッスンでは前回のレッスンはどこまでやったのか大体の講師が確認してきます。その時に前回の内容の復習をしますが、ここでも前もって自分たちで復習しておけば、単語はわかっているのでヒアリングに集中することが出来ます。子供は耳がいいので外国人講師の発音をわりとすんなり繰り返します。

子供の集中力

幼児のレッスンは集中力の持続がポイントだと思います。25分レッスンなので集中力を切らさずにやり通せる時間ではありますが、テレビがついていたりおもちゃなどがおいている、または近くに兄弟がいるなどといった環境では集中力が途切れます。

授業に集中できる環境での受講は絶対です。

 

まとめ

翻訳機などの進化により、外国人とのやりとりは困らないかもしれません。しかし人と人とがコミュニケーションをとる基本は会話です。相手の気持ちを読み取る、またこちらの気持ちを伝えるそれにはどうしても会話が必要です。英会話ができればその多くが解決するはずです。

 

その力をお子さんに持たせてあげるためにも親が手助けしてあげられれば何よりです。

オンライン英会話を受講するのはお子さんですが、その成長力をさらに伸ばすことが出来るのは親の力にかかっています。お子さんとともに親の我々も成長していきましょう。

こちらからハッチリンクジュニアのホームページをご覧いただけます。

↓↓↓↓

オンライン英会話ならハッチリンクジュニア


 

スポンサーPR

-情報

Copyright© ニーニーズブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.